【VIDEO COPILOT】07. Blemish Removal

07. Blemish Removal
はい、まだまだ序盤ですね。
ちゃっちゃかいきます。
ここからやっとアンドリューが本領発揮。
といっても、難易度のことではなく、雑談のことね。
冒頭はいきなり関係ないゴルフの話から始まります。
しかもtutorialの合間にもちょこちょこ雑談が入ってくる。このラフな感じが楽しくて好きだ。
では、今回の本題へ。
【概要】女の人の肌をきれいにみせるのにマスクとか切るの面倒だよね。
 動画からマットを作って、調整したらよいじゃない。
【手順】
[02:12]動画を複製。「stylize」→「CC ThresholdRGB」をかける。
 GreenとBlueを255に。Redを下げて、顔の主なパーツだけ黒くなるように調整。
[03:10]「色調補正」→「色相/彩度」で彩度を-100に。
[03:22]「色調補正」→「レベル」で肌を白く飛ばす。マット完成。
[04:00]調整レイヤーを下に置き、ルミナンスキーマットに設定。
[04:25]調整レイヤーに「ノイズ&グレイン」→「グレイン(除去)」をかけ「表示モード」で「最終出力」を確認しながら「ノイズリダクション」設定を調整。「時間フィルタリング」項目も「使用」にチェックを入れ、「モーション感度をわずかに下げるとスムーズに。
[07:44]マット動画に「ブラー(滑らか)」をかけましょう。きれいにぼけてニキビとか見えにくくなります。
[09:41]次は肌の質感がなさすぎて気持ち悪いので「ノイズ&グレイン」→「グレイン(追加)」で
 彩度を落としたノイズを追加して完成。
[11:05]ビューア下部のスナップショットボタンで、エフェクト加工前・後を見比べてみるといいんじゃない?
とのことでした。
化粧品のCMなんかは、たった15秒のために丸3日とかかけて1フレずつほくろを消したり、ニキビを消したりするらしいけど、
そこまでこだわらない映像ならこれで十分な気が。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です