すてきなことば。


eちゃんの名言。
「私たちの持っている素材は、完全に不完全です!」
…いい言葉づかいだなぁ。
こういう言語センスがほしかった。
~今日の120分~
・AEひさびさにきちんとお勉強 60分
~今日の英単語~
calculator 電卓
capable 有能な
有能な電卓…パソコン??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【VIDEO COPILOT】16. Flip-Book Motion + 新Plugin「 Element 3D」

さてと、今日は16番目のtutorialの前にちょっと別のお話を。
もうすぐ、VIDEO COPILOTで新プラグイン「Element 3D」が発売されるみたいですね。
なんと、AEで3Dオブジェクトが作れてる!
すずめさんは3D使えないので、これはやく欲しいなぁ。
詳しくは以下をごらんあれ。
First Look at New Plug-in: ELEMENT 3D
設定項目に「TEXT」っていう文字が見えるけど、文字も3Dになるのかしら。
もう無闇にコンポ増産しなくてよいのかしら。
はやくおしえてくれないかしら。
ちなみに、このニュースでサイト訪問者が増える見込みだからなのか
その他諸々のプラグインも今なら3割引きで買えるそうですよ。(しかも今、超円高!)
なんかアンドリューの回し者みたいになってきましたが、普段これでもかというほど勝手にお世話になっているので、これくらいは宣伝してもバチは当たらなかろう。
さて、ではやっとこさ今日の本題へ。
16. Flip-Book Motion
【概要】パラパラ漫画風の表現。
【手順】
[02.05]動画をコンポにいれ、プリコンポーズ。「Put Footage Here」とでも命名。
「エフェクト」→「Distort」→「CC Page Turn」をかける。このままだとつまらないので
ちょっと改造。
「Fold Direction」でページをめくる角度を変えたり。色を変えたり、お好きにどうぞ。
「Backside」を「なし」にすれば、裏が真っ白な写真になる。
[03:46]ページをめくるアニメーションをつけるために、「Fold Posision」をいじって、ページがめくれる前の状態に。キーフレームを打ったら、1fr後、ページがめくれた状態に設定する。
[04:46]ブラー(方向)の「ブラーの長さ」にキーフレームを打ち、0fr→0、1fr→30くらいに設定。コンポを選択して「u」を押す(現在適用されているすべてのエフェクトが表示される。)「FoldPosition」と「ブラーの長さ」レイヤーで「Alt+ストップウォッチマーク」を押して、「Propaty」→「LoopOut(type~)」のエクスプレッションを適用して、エフェクトをループさせる。
[06:29]1frに設定していたキーフレームを、10frぐらいまで移動。
紙がめくれた部分に影をつけるため、「Put Footage Here」を「Ctrl+D」で複製。
上のレイヤーのPageturnの「Render」を「Backside」に設定して、ページがめくれた部分だけのコンポにする。そして「遠近」→「ドロップシャドウ」を付加。
「PageTurn:FoldDirection」と「ドロップシャドウ:方向」の数値を合わせる。
ほかの数値も自然に見えるように調整。
[08:10]下のコンポにも同じように、めくれた紙の影(今度は下の紙に落ちる影)を設定。
ページがめくれるキーフレームをすべて1fr目に戻す。このコンポを「First」と命名。
「新規コンポを作成」ボタンにドラッグ。できたコンポを「Second」と命名。
[09:40]「First」コンポ内の「Put Footage Here」(下のレイヤーの方)をコピー。「Second」内にコピペ。
現在表示されているエフェクトを非表示にして「時間」→「ポスタリゼーション時間」を追加。
「Second」を「新規コンポ作成」にドラッグ。右クリック→「時間」→「タイムリマップ使用可能」に。
[11:43]1frと最後のfrにキーフレームを追加。
適当なところでもうひとつキーフレームを打ち、最後のキーフレームと共に後退させ、再生スピードを遅く調整する。
[14:09]若干グレー色の新規平面を作成。「スタイライズ」→「ストロボ」を適用。
「ストロボ」欄で「レイヤーを透明にする」を選択。
毎秒点滅させたい場合は『1÷(現在のコンポのフレームレート)』を計算してストロボデュレーションに設定。
透明度を0%→6%→0%ぐらいに設定して雰囲気を出す。
最後にこのレイヤーを「加算」に設定。
おまけに「Put Footage Here」に戻り、「ブラー(方向)」の角度でブラーをかけて、完成。
ちょっと長かったけど、やってることは簡単かな。
~きょうのショートカット~
・RAMプレビュー 数字の「0」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です