『アートフェア東京2011』いってみた!


こんばんは。庭師すずめフェア東京2011へようこそ!
いや、別に芸は何も用意しておりませんが。
今日はこんなテンションでお送りします。
さてさて、先日アートフェア東京2011に行ってまいりました。
入場料1200円って…安っ!!!
って思うほどの品数でした。
楽しかったー。
で、『すずめのお願い(されてない)ランキング』をご報告する前に…
まず気になったのが
←こちらの写真!
彼らは、なんだと思います?
実は、ビラ配りのダンサーさんなのです。
こんな風に、突然踊りだしたり、
踊りながら通りすがりの人にチラシを手渡したりするの。
受け取っちゃう。受け取っちゃうよ!そんなステキなことされたら!
ほえー。こんな方法もあるんだねぇ。
と、感心しちゃったので、お礼にダンサーさんが配っていたビラの内容をまずご紹介。
『ヨコハマトリエンナーレ2011』
現代アートの国際展だって!
今週末(8/6)から11/6日まで開催。おおっと。今週末!?
…アートってこういう連鎖にはまるよね。
イベント行く→チラシもらう→おもしろそう→イベント行く→チラシもらう→おもしろそう…
エンドレス!
まあ、楽しいからいいや。いつか行こう。
ちなみにダンサーさんはこちら
チェホーさんが、段違いに大きくてかっこよいです。すずめのおすすめ。
お、なんかゴロがよくなってきたので
いよいよ『アートフェア東京でなんか気に入っちゃったよ!勝手にランキング』を発表します。
まず第5位!
CHAPURIさん
すずめのお友達が球体間接人形の眼球を作っているので、お人形はとても興味があるんだけれど
とてもバランスのいい繊細なお人形に感激!
部屋が綺麗だったら飾りたい!
すずめはアートの前に、まず掃除からだ!
そして、第4位!
TAKASHI KURIBAYASHI さんの こちら
ペンギン専用コート 75まんえん!!!(お値段に本物のペンギンは含まれません)
横に設計図みたいなのが張られてたんだけど
「最上の技術で無用なものを」的な言葉が書かれてて
アートってそういうことか?となんだか納得しそうになりました。
が、とにかくかわいい。
お金があるなら、クローゼットに置きたい。
…やっぱいらないかな。でもかわいい。
さてさて、第3位!
吉水快聞さん
TOPにも表示されている「やもりさん」が本気でかわいかった。
もうね、飼いたかった。買う、じゃなくて飼う、ね。
やもりって、沖縄の家だと普通に家の中に出てくるらしいんだけど、
後輩に聞いたところによると、鳴くらしいのね。
きゅ~きゅ~鳴くらしい。
なにそれずるい!!
子猫と同じくらいかわいい!!
吉水さんの作品はどれもすずめの心をえぐる魅力に溢れてるのでして、
ね、見て
かえるとか、鳥とか、ウミウシ(!)とか。
いいなあ。こんな才能ほしいなぁ。
それでは第2位!
金丸悠児さん
今回は初めて「立体作品」を公開された、とのことなんですが
どれもね、家しょってるんですよ。
亀とか、羊とか、カメレオンとか。
亀なんて、家(甲羅)on家ですよ。
ハウルより数段かっこいい!
…かどうかはともかくとして、色彩と、達観したような生き物の表情が好きです。
これは買おうと思えば、買ってしまえるお値段だったので、ちょっと悩んだ。
や、でも良い物は記憶に残せばもっとよいものになるよね、と言い訳して購入せず。
これ、全部そろっていてひとつの作品っぽいしなぁ。
できれば六本木ヒルズの植え込みとかに、こっそり住んでて欲しいな。
巨大クモのオブジェが見えるあたりで。
さあ、いよいよ第1位!
ハンス・イヌメさん
この鳥とかカエルとかは普遍的なかわいさだよね。
ディック・ブルーナみたいでもうめろめろなのですよ。
あ、そういえばブルーナで思い出したんだけど
ミッフィーって、むかし「うさこちゃん」って名前だったよね???
友達に聞いたら、知らないっていわれてショックだったので、改めて確認。
ミッフィーって、うさこちゃんだよね?????
WikipediaがYESと答えてくれました。
それにしても、同じ内容の本なのに、キャラクター名が出版社によって違うんだね。
福音館書店のほわほわ感に比べ、講談社のクールなこと!
なんかくやしいので、すずめは今後も「うさこちゃん」で通したいと思います。
お。気づいたら長くなっていたので今日はこの辺で。
みなさまも、うさこちゃんを思い出しながら、アートな夏を楽しんでください。
~今日の120分~
ブログ書いてたら60分以上すぎてた!寝なきゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です