みえない「光」がみえてくる。


こんばんは。
「あわてんぼうのサンタクロース」を書いた人とは
すごく仲良くなれそうな気がする
庭師すずめです。
サンタクロースが間違えて早く来ちゃうって
すごい発想だよね。
しかも煙突のぞいておっこちるわけですよ。
どれだけドジっ子のやりそうなこと見抜いているのかと。
あいたたドンガラガッシャンですよ。
すずめが今日自宅で階段踏み外したことすら
すっかりお見通しで、もう歌になってるかもしれないよね。
すごいね。こわいね!
まあ、そんなことはさておき。
写真やら映像やら撮りはじめると
これまで日常では気づかなかったことが気になりはじめます。
その最も大きな点って「光」だと思うのね。
…めずらしくまともなこと言ってそうでしょ?
写真をぱちりと一枚撮っても、目で見てるようには映らない。
白いはずのものが白く映らなかったり
同じ景色を撮るのにも、何を撮るのかによって
どのくらい明るく撮るかを自分で決めなきゃいけないのです。
で。
そんな光のお勉強によさそうなサイトに最近夢中なのでご紹介。
「strobox」
という有名なサイトなのですが
ここは色んな方が撮った写真と、そのときに配置したライトの配置図なんかが載ってます。
これをぼや~っと眺めていると
ああ、この色は光で足したんだなーとか、影ってこうやって消すんだorつくるんだ~
…といった普段は気づかなかったような光の世界が見えてきます。
たのしい!
みなさまもぜひ、光の世界にどんがらがっしゃ~んといらっしゃいませ~。
そしてすずめにいろいろ教えてくださるといいと思うのです。
~今日の120分~
自宅のPC絶不調の中、AEをいじる。
どんがらがっしゃ~んと机をひっくり返したくなるほどフリーズした180分。
…そろそろ買い替え時かなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です