猫カフェが消える日。


もしかしたら、そんな日が来てしまうかもしれない。
こんばんは。庭師すずめです。
6月から、猫や犬を扱う動物店の
深夜営業(夜8時以降)が禁止になるそうです。
『ニュース記事はこちらから』
もともと、深夜まで子犬や子猫を展示販売するペットショップを取り締まる目的で作られた法律だそうですが、残念ながら成猫を鑑賞する『猫カフェ』も規制の対象に。
来客数が減り、閉店するお店も多いのでは
と心配されているそうです。
すずめも多分、殆ど行けなくなります。
猫カフェ。
この法律でね、不幸なペットが減るならいいと思うよ?でも、そもそもの問題って営業時間じゃないからね?
営業時間の規制じゃなくて、他国みたいにショップでの生体展示販売禁止にできなかったんだろうか…。
そして猫カフェは、違うから!
お店にもよるけど、基本的に猫カフェの勢力図は
猫>お客さん なんだよ。
猫のいる空間に、お金を払ってお邪魔させていただくだけなんだよ。。。
しあわせばかりは主観だから、猫たちにしかわからないけれど
猫にとって良くない行為は店員さんが注意するし
お客さんも基本的には見てるか、本読んでるか、なぜか寝てるか。
そばに来てくれればラッキー的な、ゆるい猫好きが集まる場所なんだよ…。
そうじゃなかったら、人が行きかう床でこんな無防備に寝てないよ。

こんな風によりそって、眠ってなんかくれないよ。

…と、思わず猫カフェさんに駆け込んでしまいましたが
今後彼らに会えなくなると思うと、本当にさびしい。
世界で一番好きな場所だったのに。さびしいなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です