映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』


こんばんは。
自業自得の風邪からようやくちょこっと復帰。
庭師すずめです。
それもすべて
徹夜明けで映画なんか見に行っちゃうからですよ。
でも見たかったんだ。
通称『うるさい映画』
いや、タイトル長くて覚えられなかったんですよ。
見に行くまでは!
…というわけで、良かったです。
アメリカの9.11について考える…というより
誰もが人生で直面する
『愛しい人の死』に向き合うお話です。
日本では3.11から1年が経ちました。
地震も被害も、まだ続いています。
苦難は他人が助力することができても
悲しみは自分で乗り越えるしかないということに
気づいたときに見て欲しい映画です。


~ここから先は、ネタバレご注意を!~
ヒューゴにつづいて、こちらも少年の演技がすばらしい映画。
…と、いうよりは脚本の力がすごいのかも。
思春期の「少年」が放つ、ちょっと傲慢だったり
鋭利すぎる言葉を
ここまで書ける「大人」の脚本家ってどんな人なんだろう。
町で次々とめぐり合う人々も、それぞれ個性的で
セリフが一言もないのに、行動で観客を笑わせるエキストラなんてそうそういない。
少年の不安とリンクするタンバリンの音色とか
おばあさんが見せる不器用な愛情の買い物袋とか
ドアの下数センチで伝わる隠れた思いとか
信じたい希望の正体とか。
描写がリアルで、丁寧で、詩的で素敵。
事件だろうが事故だろうが、病気でも、おそらく老衰でも
身近な人を亡くしたとき、深すぎる悲しみは直視できないから
人はどこかで誰かを責めてしまう。
あの時もっとこうしてたら、とか
あんなことさえ起きなければ、とか。
でも、怒り続けても、悲しみつづけても、時は何も解決してくれない。
悲劇や理不尽や弱い自分を受け入れたり、許すことはすごく難しい。
けれど、そういった気持ちを手放して、本当の意味で愛しい人と「別れ」られたときに
人生って、もう一度はじまるんだよね。きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です