ユベール・ロベール~時間の庭~


ひとが作り
ひとと過ごし
いつしか崩れ、消えるもの
その正体はなんでしょう。
答えがここにありました。
こんばんは。庭師すずめです。
去年からず~っと行きたいと騒いでいた
ユベール・ロベール展に行ってきました。
仕事の待ち時間にさっとめぐっただけですが
ここ最近見た絵画の中でもイチオシ。
絵画なのに、奥行きとライティングがハンパない。
下手な3D映画なんかより空間を感じます。
緻密な建築物の中で、確かに息づく人々。
そこにあるのは暮らしであり、時であり、自然でもあるんです。
圧倒されます。
来週の日曜日まで国立西洋美術館で観覧できますので、絵画がお好きな方はぜひ!
そういえば今週末はデザイン・フェスタもありますね!
アートな五月!
カメラを持ってお出かけだー!
~きょうの30分~
・早起きは3倍の大満足!(朝の美術館は空いててよいよ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です