『フランケン「ウィニー」』?


こんばんは、庭師すずめです。
三ヶ月も留守にしていると、何をどこから書いたらよいのやら…
と悩んでしまいますが、そういえば久しぶりに映画を見てきました。
ティム・バートンの白黒コマ撮りアニメ
「フランケンウィニー」
です。
奇抜だけど、わかりやすいストーリーなので
あらすじを知りたい方は予告編を見ていただくとして。
1コマ1コマ人形をちょっとずつ動かして写真を撮っていく
「コマ撮り」という撮影手法は
すごくアナログで進化のしようがなさそうなのに
人形制作の技術が進んだのか
はたまた動かす人間の方が進化したのか
まるでフルCGのようにしっぽをパタパタふりまわして飛び回る
ワンちゃんたちが愛らしい映画でしたよ!とご報告。
ただ小さな子供さんにはちょっと雰囲気が怖いかも。
でもどことないぎこちなさが、フランケンっぽくていいなーと思いつつ
映画館を出ましたら、すずめさんと同じく映像屋の旦那が一言。
「…でさ、『ウィニー』って誰だったんだろう?」
!?
あれ?
あのかわいいフラン犬…は「スパーキー」か。
じゃ、あの少年…は「ヴィクター」??
あれ????
っていうか、感想一言め、そこ!?
…気になって気になって、帰ってから原題調べちゃいました。
「Frankenweenie」
の「weenie(ウィーニー)」は、「おたく」という意味だそうです。
あー。。。人名じゃないのか。「ギーク」的な感じ…?
っていうか、彼は別にフランケンおたくだったわけじゃないんじゃ…
と、そんな細かいことはともかく、ざっくり見てくるといいと思います。
個人的には2Dで十分でした。ワン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です