断乳はじめました。

最近は「断乳」ではなく
子供が精神的に自分から乳離れをするのを待つ「卒乳」がメジャーのようですね。

あ、お久しぶりです。確定申告にてんてこまいの庭師すずめです。
いや、自分(会社員)じゃなくて、夫(自営業)の分の書類なんですけども。

それはさておき、娘がそろそろ2歳になるのです。
そして、丁度はじめての飛行機に乗る機会も近づいてきているのでして。

未だに外出時も授乳しないと眠れないぴよこさんを
そろそろなんとかせねばなるまいなーと思い立ち
一か月くらいかけて断乳をしてみました。

まずカレンダーを1つ用意し
「このページがシールでいっぱいになったら、パイとバイバイね」と説明し
1日1枚シールを貼ります。

『はい!』と元気にお返事する、シール大好きぴよこさん。

で、いざ迎えた断乳の日。
「今日はもうパイ飲まないで寝てみようね」
と言った瞬間。
やっぱり烈火のごとくギャン泣き。
あ、あれ?あの素直なお返事はいったい何だったのか…!

まあ、でも泣きますよ。
2年近くもの間、毎日吸い続けていたものが
いきなり奪われるわけですよ。
怒り狂うのも無理はないわけですよ。

ああ、もう少し、ぴよこさんが耐えられるまで時期を待ってみようか…。
と、あれやこれやあやしながら悩みました。
悩んで悩んで悩んでいるその間にも
とれたての魚のように
びちびちベッドを転がりまわって泣きまくるぴよこさん。

ああ、ああ、どうしよう。
葛藤の中でふと
以前読んだ育児ブログに
「パイにばんそうこうを貼って成功しました!」
みたいな記事があったことを思い出し
ダメ元でやってみました。

「見てみて!ママのパイ怪我しちゃった。今日はもうパイ飲めないんだ。ごめんね」
もう苦しまぎれの猿芝居ですよ。

すると、あら不思議。
活火山のように号泣してびゃーびゃー暴れまわっていたぴよこさんが、ぴたっと静止し
素直に頷いたではありませんか!
blog_import_55abc64a9a2ae-240x300
「なんだー。怪我かー。はやくいってよ。怪我ならしょうがないよね」
といった感じの諦めの良さ!

え?いいの?
ほんとに?
キミいま騙されてるんだよ?
と、今度は逆に白状したくなりそうな罪悪感との葛藤!

本当に不思議なことに、それから1回もパイを飲まずに
「パイ、ベイビー。ぴよこ、ジュース!」
(意訳:おっぱいは赤ちゃんのなの。ぴよこさんはお姉さんだから、ジュース飲むの!)
と自分に言い聞かせながら、おっぱいを卒業した模様です。

ばんそうこうってすごい…。
いや、子供には子供のルールがあるんですねきっと…。

~気が向いたらぽちっと押していただけると、ぴよこさんが「じゅーす!」と喜びます~
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です