出口のはじまり。

ぴよこさん(娘:もうすぐ2歳)が生まれて以来
はじめて海外(グアム)に行ってきました。

案の定、熱とか出しまして。
現地の病院にお世話になったりしたわけですけども。
(保険入ってて助かった!)

帰国するなり、けろりと回復。
なんだ。君は。米国アレルギーか何かか。
と思ったりしたのですけれども。

熱が下がっているときは
とっても元気だったぴよこさん。
廊下で「Exit」を見つけるなり
こうおっしゃいました。
blog_import_55abc6593ae64-240x300
「えぐじっと」と言ってるつもりが
どう聞いても「でぇぐちっ!」

あってる!あってる!
まちがってるけど、あっちゃってる!!

お店の人に「はろー」や「てんきゅー」と言えるようになったり
それなりに楽しかった旅行でございました。

それはそうと、向こうの病院ってすごかったですよ!
なんと診察室がいっぱいあって
患者がそれぞれの個室でお医者さんを待機するシステム!
楽だー。これは子持ちには超楽だー。

受付開始から2分で60人の予約が入っちゃって
予約すらできないご近所の病院とはえらい違いだわ。
(人口的に日本じゃ無理なシステムだけども)

薬を飲んだあとは、経口補水液のおいしいアイスくれたり。
ミニーさんのシールまでくれちゃったり。
ぴよこさんも看護師さんたちにバイバーイなんて手を振って
気に入ったようでした。

あ、でも保険なしで診療すると
とてもお高いらしいので
海外旅行される親御さんたちは、忘れずに保険に入ってくださいね!
(ちなみに今回我が家は「off」に入ってました。
診療受けてもキャッシュレスだった上に
通訳さんが病院まで送り迎えしてくれました。大感謝!)

~気が向いたらぽちっと押していただけると、ぴよこさんが「でぇぐち!」と喜びます~
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です