ワールドワイドキッズとディズニー英語を中古で比較。

WWK(Worldwide Kids)とDWE(ディズニーの英語システム)。
知らない人にはなんのこっちゃですが、幼児英語をやろうと調べた方はきっと一度は悩む選択肢ですよね。

正直こういった高額の英語教材セットって、今の時代は必要ないと思うんですが
それでもやっぱり、子供のためになるかも…と思うと悩んじゃうのが親心。
だって自分で一から全部調べて買うのって時間かかるし、面倒だし…。

と、いうわけで。
WWK(ワールドワイドキッズ)とDWE(ディズニー英語)。
両方買ってざっくり2年ほど試してみました。
働きながらの育児で、サイトタイトル通り、平日はご飯とお風呂を除けば子供に2時間弱しか時間が取れないので、あくまでざっくり利用です。

また、両方正規会員になると合計100万超えてくるので、もちろん中古で買いました。
正規会員だとどちらもイベントに参加出来たり、ネットや電話で英会話できたりするんですが、今は「幼児用のオンライン英会話」がいくらでもあるし、そもそもイベントなんて子供が小さいと、風邪ひいて不参加連発、なんてことになりかねない…ということで、個人的には中古で十分だったかと。

正規でどちらかの会員になろう!と思っている方のご参考にはならないと思いますが
以下はなるべく安く、長く、子供と英語を楽しんで行こう!という方向けのレビューです。

結論:0歳からならWWK。でも、できれば両方やろう!

結局両方かよ!と思われるかもしれませんが
長年多くの親御さんが両社の比較で悩んでいる理由も、やってみてわかりました。
特色が全然違います。

文句なしに子供がハマるのはWWK。
でも、難易度が割と高くて長く使えそうなのはDWEなんです。

WWKはとにかく映像がかわいいです。
次から次によく動くキャラクターやアニメーションが出てきて、子供が飽きる前に次の話題に映ります。
文章のセンテンスも短いので、1~2歳でも内容が十分理解できます。
ただ、話題が低年齢向けなので3歳くらいまでに終了しちゃうのが理想なんじゃないかと。

DWEは文章が単語中心ではなく、きちんとした日常会話レベルなので
小学校低学年くらいまで使えそうです。
ただ、英語教材としてのレベルはものすごく高いのに、映像の質があまりよくないです。
例えばストレートプレイは2013年に教材改定があり、一部映像が新しくなりましたがそれも実写部分のみ。
ディズニーのアニメーションが映るシーンはいいのですが、教材のメインになってくるオリジナルシーンがひどい…。
ミッキーなどのキャラクターが、なんというか…適当すぎるというか…よくこれディズニーの許可下りたね、というレベル。
しかもほぼスライドショーなので、最近のアニメーションを見慣れている子だと、最後まで見てくれないんじゃないかな…。親の解説や、盛り上げが必須です。
話題も「車のガソリン切れたから、スタンドで給油しないとね」とか、2歳じゃ日本語でも難しい。

両方使った方がいい理由は「子供は飽きるから」

どちらもいい教材ですが、毎日「ミミちゃん」「ミッキー」だけだと確実に飽きます。
そういった時にYOUTUBEなどの無料英語コンテンツなどを見せるのもありですが、「じゃあ今日はミッキー見ようか」「ミミちゃん見ようか」もしくは、「今日はどっち見たい?」と選択させると、割と「えいごのじかん」が継続しやすいです。

また、費用が心配…という方も、中古なら「底値」のようなものが存在します。
どちらも人気がある教材なので、購入から年数が経った教材でも、綺麗に使っていれば、ある値段以下には下がりにくいんです。
使い終わってまた売れば、差額は数万円で済みます。
個人的な例を上げれば、DWEの最初の教材「Play Along」は、1万円弱で買って、1万円で売れました。
1年ちょっと使って、費用ゼロです。
WWKもまとめて中古で買ってしまえば、全部見終わるまでに2年もかからないのでさほど費用はかからないと思います。

以上、簡単に比較レビューでした。
娘は結局どちらも気に入っていますが、やっぱりミミちゃん(WWK)の方がちょこっと好きみたいです。

お子さんにお気に入りの英語コンテンツが見つかります様に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です