ディズニーのゲームやeBOOKで英語学習!

こんばんは、庭師すずめです。
子供ってテレビ大好きですよね。
放っておけば、多分ずーっと見てるんじゃないかってくらい。

親としては、ちょっとでも役立つものを見てほしい。
でも子供としては、役に立つかどうかはどうでもいいから楽しいものを見たい。
その折衷案として、つけちゃうのがディズニーの映画やテレビ。
「アナ雪」や「ソフィア」に、「ドックはおもちゃドクター」「ジェイク」「カーズ」「トイストーリー」「マニー」などなど…。

我が家のぴよこさんも例にもれず、ハマりつくしているわけです。

…で。
子供の「好き」を、なんとか役立つものにこじつけたいのが親なのです。

最近個人的にプッシュしまくりの「リープパッド」は、そんな親の下心と、子供の「好き」を強烈に結び付けてくれます。

要は英語でディズニーなどの知育ゲームが出来たり、eBOOKが読めたりしちゃうのです。
エルサと一緒にアルファベット書いたり、ソフィアの英語の絵本を子供が自分で読めちゃったりするなんて、なんて素敵!

おうち英語を進めてる皆さん。
子供にタブレットなんて早すぎる…と思わずに、試してみる価値ありですよ!

…というわけで、前置きが長くなりましたが、今回はそんなリープパッド用ゲームの中から、おすすめの3本をご紹介しようと思います。2歳の娘とやってみた感想つき。

1:Disney Frozen Learning Game(アナと雪の女王)

学習内容:英語
英語圏対象年齢:4-7才

できること

  1. アルファベットのライティング(動画21秒あたり)
    エルサが魔法で出したアルファベットをペンでなぞります。2歳でもできます。
    英語の書き順ってこうなの!?と私もびっくり。「T」って縦棒から書くのね…知らなかった。
  2. 英単語のリスニング(動画29秒あたり)
    読み上げられた単語を聞き取って、一番下に並べられたキーワード内の文字を並べ替えて入力します。単語は子供でもわかる初歩レベルの簡単なものが多いですが、時々なじみのないものもあり。知らない単語でもフォニックスから考えれば、大体何とかなります。2歳レベルの語彙だと親のサポートが必要。
  3. 文章の並び替え(動画35秒あたり)
    花かごに入れられて区切られた文節を、並び替えます。
    よく見ていると、並び替える順番に花が現れるので答えがわかるんだけど、2歳くらいだと親が文章を読み上げて、子供に並び替えをお願いした方がスムーズです。ストーリーでは、エルサとアナの会話後に上記1~3を終え、スヴェンに乗ってお花を届ける…という流れを繰り返します。2歳が親付きでのんびりやって、1ターン10分程度。
    アナ雪好きで、簡単な英単語がわかったり、アルファベットを書き始めているお子さんにおススメです。

2:Jake and the Never Land Pirates(ジェイクとネバーランドのかいぞくたち

学習内容:算数
英語圏対象年齢:3-5才

できること

  1. パズル(動画15秒あたり)
    まずは、ピーターパンから届いた地図をパズルで組み立てます。
    最初は3ピースほどですが、だんだん複雑に。ただ2歳でも全然OKでした。
  2. 英語のリスニング
    次に、カビ―が地図の内容を読み上げてくれます。「Touch the red flag!」などなど。
    画面の中に散らばっているアイテムを、カビ―が指示する順番にタッチすればOKです。色や、名詞を覚えられます。ストーリーは基本的に1と2を終えれば1ターン終了。5分もあれば終わります。
  3. (動画20秒あたり)
    ストーリーだけでは物足りない子は、以下3.4.5のプラスステージでも遊べます。まずは数を指示された順に飛んでいく飛び石ゲーム。カエルの邪魔が入ったりするので、2歳くらいだと親がはじめに遊び方を教えてあげた方がよさそうです。難易度は低め。数字が1~10まで分かればOK。
  4. 大小・足し算(動画25秒あたり)
    「Touch the biggest bubble」など、一番大きいものや、小さいものを見つけます。またどんどん進めていくと、出題が足し算になるみたいですね。子供にやらせる前に親がやりこみたい場合は、自分のアカウントで進めておくとよいと思います。
  5. 図形(動画34秒あたり)
    パズルをやりながら「rectangle」や「hexagon」など図形の名前も覚えられます。

3:Doc McStuffins(ドックはおもちゃドクター)

学習内容:課題解決
英語圏対象年齢:3-5才

できること

  1. 英語のリスニング
    まずはハリーとドックのお話からはじまります。
    ハリーが、患者さんのどこが悪いのかを教えてくれるので、診察に必要な器具を三択で選びます。間違えると選択肢を減らしてくれるので、2歳でも全然OK。
    最初は「magnifying glass」など、聞きなれない言葉が多いですが、診察の器具は少ないので、すぐに覚えられますよ。
  2. 課題解決(動画19秒あたり)
    次に、おもちゃを直します。
    おもちゃの破れている箇所を見つけて縫ったり、治す手順が書かれたカードを順番に並べたり、聴診器で音を確かめて、直してあげます。基本的にこの1.2の繰り返しで、学習要素は少ない方だと思いますが、ドックが大好きな娘は大ハマり!次第に親が次を指示しなくても、画面を見ながら自分ひとりで出来るようになります。あと、英語の勉強にはなりませんが、オリジナルの絆創膏をデザインして、くまさんにぺたぺた貼ったりもできます。これも子供には楽しそう。

どれも楽しいゲームばかりなので、やりすぎにはご注意を!
ペアレンタルコントロールの設定で、1日〇分まで、と決められるので
忘れずに設定しておきましょう。

~気が向いたらぽちっと押していただけると、ぴよこさんが「ドック!ドック!」と喜びます~
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です