おうち英語の頼れる相棒!リープフロッグの年齢別おすすめ商品まとめ。

0歳からおうち英語をするにあたって、もし幼児英語教材をサポート的に使うのであれば
個人的には
「Play Along!(DWE)」→「World Wide Kids(ベネッセ)」→「LeapFrog」の順に進めるのがいいと思うのですが、「LeapFrog」だけは、特に段階ごとに教材を送ってくれるシステムではないため、どれをどのタイミングで選んでいいのか、悩む方も多いのではないかと思います。
商品数多いんですよね。リープフロッグ…。

そこでリープフロッグのおすすめ教材を、段階順にまとめてみました。
年齢はあくまで目安です。

1:「Letter Factory」 などのDVD 

Letter Factory [DVD] [Import]

おすすめ年齢:0~1才から
内容:フォニックス

フォニックスについては、こちらのサイトなどをご覧いただきたいと思うのですが、
アルファベットを「A=エイ」として覚えるのではなく、「A=誰かが脅かしてきたときに、びっくりして叫ぶ『アー!』という音の文字」、として覚えることができます。

言葉で説明するとややこしいですが、アルファベットごとの発音を覚えることができるので、あとはそれを組み合わせれば、知らない単語でも読めますし、推測して書くこともできます。

このDVDは、アメリカで英語以外が母国語の子供たちの英語習得に使われているようで
小さい子でも、直感的に発音が覚えられます。
ただしリージョンが日本とは異なるため、日本のDVDプレイヤーでは再生できないことが多いです。リージョンフリーのDVDプレイヤーを購入してでも、見る価値ありですよ。

フォニックスにはいくつかルールがあるので、このDVDにハマったら
次は『Leap Frog: Talking Words』などのシリーズDVDにすすみ、アルファベットが組み合わさった時の発音に慣れておくと、英語学習がスムーズになると思います。

2:リープリーダージュニア

リープフロッグ(LeapFrog) リープリーダージュニア スカウト LEAPFROG, LEAPREADER JUNIOR BOOK PAL, SCOUT 21201

おすすめ年齢:1~3才
内容:リーディング

おうち英語をする上で、DVDと同じくらい大事なのが英語の絵本。
でも、英語の発音に自信はありますか?
このリープリーダーは、対応しているブックの上に、緑か紫の子犬くんをえいっ!と置くと、音楽や語りかけを交えながら、楽しく英語の絵本を読み上げてくれます。
毎回起動時にお子さんの名前も読んでくれるので、親しみがわきます。

よくあるペン型の物とは違い、小さな子がぎゅっと握れる形状になっているので
1歳くらいの子でも、自分で楽しく学べます。

最初は6冊セットの簡単な本から始め、あとはソフィア・トイストーリー・おさるのジョージなど、お子さんの好きなキャラ物の本を増やしてあげると、継続しやすいかと思います。

オーディオファイルはネットからダウンロードする必要があるため
PC環境が必要です。設定方法はこちらからどうぞ。

3:リープパッド各種

LeapFrog Epic 7' Android-based Kids Tablet 16GB [並行輸入品]
おすすめ年齢:2~8才
内容:英語・算数・理科・社会など。幼稚園~小学校で必要になる知識を英語で学べます。

賛否両論あれど、時代はやっぱりタブレット。
ハマりすぎにはご注意ですが、とにかく楽しく英語やその他知識を学べるので
これからの幼児教育にはやっぱりかかせない存在なのかもしれません。

本体と別にアプリを購入していくので、費用は多少かかりますが
幼児教育向けに開発されたゲームばかりなので、通常のタブレットでできるゲームとはちょっと一味違います。
幼児向けのソフトだけでも、アルファベットの読み書きはもちろん、たし算・引き算・かけ算などの算数を扱うソフトや、昆虫・鳥の名前や鳴き方などの理系分野など、その種類は多岐にわたります。しかも、ディズニーなどの子供が大好きなキャラクターと一緒に遊べちゃう。英語版こどもちゃれんじのような感じでしょうか。

各種パッドの特徴はこちらから

おすすめソフトはこちらから。

4:リープリーダー

リープフロッグ(LeapFrog) リープリーダー リーディングアンドライティングシステム グリーン LEAPREADER GREEN GODZILLA 21301

おすすめ年齢:4歳以降
内容:リーディング・ライティング

2でご紹介した、リープリーダージュニアの高機能版。リーディングだけではなく、文字を書くライティングにも対応しています。
リープパッドのようなタブレットに抵抗感のある方には、こちらがおすすめ。
対応本には、読み物としての本ばかりではなく、ワークやゲームブック、世界地図などもあるので、幅広い分野の英語に触れることができます。

~~~~
以上、おすすめリープフロッグ商品でした。
周りにあまりユーザーがいないので、少しでもカエル友達が増えてくれると嬉しいんですが…。

日本でも、もっと大々的に販売してくれないかなぁ…。
全部そろえても、英語系の通信教育継続するより全然安いし、効果的だと思うんだけど…。

~気が向いたらぽちっと押していただけると、ぴよこさんが「かえるかえる!」と喜びます~
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です