ひらがな読めたら、にほんちず!絵本「1日10分でちずをおぼえる絵本」

ひらがなやカタカナが読めるようになってくると
自分でいろいろな文字を読むのが楽しくなってきます。

そんな時期に挑戦したいのが、「にほんちず」や「せかいちず」。
とくに「にほんちず」はひらがなで書かれて、特産物などが絵で描かれているものがおススメ。
壁に貼っておくと、こどもが自分で県名を読んだり
「『あきた』に『おに』がいるよ!」(たぶん「なまはげ」だと思いますが…)と発見したり。
話題が広がります。

その日買ってきた食材を
「このみかんは「えひめ」から来たんだって。どこかな~?」と
探してみるのも楽しいと思います。

で、そんなひらがな&地図あそびをサポートしてくれる絵本がこちら。
1日10分でちずをおぼえる絵本
1日10分でちずをおぼえる絵本 (コドモエ[kodomoe]のえほん)

「『えい』のかたちは『ほっかいどう』」など
全都道府県を子供がなじみやすいイラストにあてはめて
県の形と特徴を絵で覚えることができます。

子供のころにこんな本に出会ってたらなぁ…。

~気が向いたらぽちっと押していただけると、ぴよこさんが「大仏!」と喜びます~
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ちなみに地図はこちらがおススメです。


お安いのでぜひお試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です