【英語絵本】「Bark, George」

出産で入院している間、暇で仕方がなかったので
溜まっていた英語の絵本をまとめ読みしてみました。

その中で、ぴよこさんが一番気に入ったのがこちら。

Bark, George
Bark, George

「Arf!」と吠えることができず、「Meow」や「Moo」と鳴く子犬、ジョージ。
困ったお母さん犬は、ジョージをお医者さんに連れていきます。
すると、なんとジョージの体内から「猫」や「牛」がひっぱり出されて…?

1ページ2行程度のとても簡単な英文で、ユニークなストーリーが楽しめます。
ちょっとしたオチもついていて、最後まで面白い。おススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です