映画「ANNIE/アニー」のこのシーンがすごい!

こんばんは、庭師すずめです。
育児休暇というありがたい休暇を頂いたおかげで、3年ぶりくらいに映画を見ています。

ぴよこさんが生まれてからは、毎日が7倍速くらいで過ぎていって
とてもじゃないけど、1時間半の映画をみる余裕なんてどこにもなかったのですが
今は昼間ぴよこさんが保育園に行っているおかげで
新生児ペン太君が寝ている隙に、ちょっとずつ見たかった映画を消化できています。

で。最近見たのが、映画「ANNIE/アニー」。
中身はミュージカルのあの「アニー」なのですが
このシーンが個人的にすごい好きです。

アニーは小さい時に親に捨てられた(?)少女なのですが
今でも週に一度、親が自分を捨てたレストランに通い
親が迎えに来るのを待っているんです。
で、色々あって。
やっと親に会えるかも、という希望が打ち砕かれたりするわけですが
そのことを踏まえて、はい!
もう一度、上の動画の最初から1分17秒あたりまでをよ~く見てください。

…お気づきでしょうか?

水たまりや、窓ガラスに映る光景が現実とは異なるんです。
家族にあこがれるアニーの目には、日常の何気ない風景が
幸せな親子の姿に見えているんですね。

こういう地味な演出、だいすき。
というわけで、最近は子守歌が「tomorrow」です。

歌がうまい子っていいなぁ。

~気が向いたらぽちっと押していただけると、ぴよこさんが「tomorrow!」と喜びます~
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です