「リープパッド ウルトラ&プラチナ」初期設定方法

子供用の英語タブレット「LeapPad Ultra」と「Platinum」の検索で来られる方が多いので、今回はウルトラとプラチナの初期設定方法をご紹介します。

「Leapfrog Epic」の設定方法はこちらから。
「リープパッド各種の違い」についてはこちらから。

*以下画面はウルトラの物ですが、プラチナは後継機なので大差ないと思います。

1:Wi-Fiの設定

電源を入れると、こんな画面が出ます。
ul01
「Next」をクリック。

ul02

接続可能なネットワークを選択し、パスワードが設定されている場合はパスワードをいれましょう。
(よくわからない場合は、大抵Wi-Fiを飛ばしているルーターの底部に
「KEY」などと書かれた項目がありますので、それを入力すれば通るかもしれません)

その後「Privacy Policy」が表示されたら「Agree(同意)」を選択しましょう。
ul03

2:リープフロッグアカウントの設定

次はソフトのダウンロードなどに使用する「リープフロッグ アカウント」を設定します。

ul04

リープフロッグアカウントをまだ持っていない方は上から。
こちらのページの5項目あたりがもしかしたら参考になるかもしれません。
すでにお持ちの方は、下に登録済みのEmailアドレスとパスを入力してサインインします。

そして、有料コンテンツの購入や、設定の変更の際に入力が必要となる「親用のロックコード」を決めます。
ul05
決めたら「Next」をクリック。
↓のような画面が出ればOKです。
ul06

3:子供(ユーザー名)の登録

続いて、お子さんの名前やお誕生日、性別などを入力します。
ul07
「Grade」は今何年生か選択します。

2~3才の場合「Early Pre-S」あたりを選んでおけばよいかと思います。
このあたりの設定もあとでいくらでも変更できますので
悩まずに入力しておきましょう。

「Save Child」を選ぶと、追加ソフトの閲覧・購入ができる「App Centre」に接続を許可するかどうかを選べます。
こちらを「Enable(可能)」にしても、購入には先ほど設定した「親用のロックコード」の入力が必要となりますので、許可でも不許可でも、どちらでもお子さんに合わせて設定してください。

ul09

↓の確認画面が出たら、ユーザーの設定が完了です。
ul10
ご兄弟が複数いる場合は、一番下の「Add another Child」から同じ操作を繰り返して、必要な数だけユーザーを作成してください。
ついでに保護者用のアカウントも作っておくといいかもしれません。
セーブデーターはユーザーごとに作成されるので
子供にやらせる前に、保護者のアカウントである程度やりこんで
やり方をマスターしておくとスムーズだと思います。
ユーザーはいつでも追加・削除可能です。

4:おまけアプリのダウンロード

購入した本体によっては、おまけアプリがついていることがあります。
アプリの選択画面が出たら、お好きなものを1つ選んでダウンロードできます。
ul11
どんなゲームか知りたい場合は「More Info」をクリックするか
米国リープフロッグの公式サイトで確認しましょう。

5:国籍の設定

リープパッドは接続する国によってダウンロードできるソフトが異なるため、接続時の国を選んでおきます。(いつでも変更可能です)
日本なら「Other」を選びましょう。
ul12

以上で設定は完了です。
ログイン画面に作成したユーザー名が表示されていますので、そちらをクリックしてゲームをはじめましょう。
ul13

各種設定は歯車アイコンから変更可能です。
ul14

設定できる項目は↓のような感じです。
ul15

お疲れ様でした!
どうぞお子さんとリープパッドを楽しんでください。

~気が向いたらぽちっと押していただけると、ぴよこさんが「ゲーム!」と喜びます~
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です