【絵本】死ぬのも楽しいかもしれない?「このあとどうしちゃおう」

こんばんは、庭師すずめです。
そろそろ子供たちは夏休みですね。
夏休みにはお盆があって。家族でお墓参りをする方々も多いのでは?

子供に「死ぬ」ってどういうこと?と聞かれたら、一緒に読みたい絵本がこちら

このあと どうしちゃおう
このあと どうしちゃおう

死んだおじいさんが残した「このあとどうしちゃおう」ノート。

うまれかわったら、なりたいものリスト(「おかねもちにかわれている猫」)や
ゆかいな天国想像図(じめんがやわらかくて転んでもいたくない、とか?)。
いじわるなアイツがいく地獄の想像図(「まいにち柔軟体操」とか)
みんなにつくってほしい記念品(「おじいちゃんキーホルダー 88種類」)などなど。

楽しい死後の世界のアイデアがぎっしりつまっていて
自然と「死んだらどうする?どうなる?」という話を、親子で明るく話せます。

笑いながら今は無き家族の思い出話に花を咲かせたい、そんなお盆にぜひどうぞ。

~気が向いたらぽちっと押していただけると、ぴよこさんが「どうしちゃおう!」と喜びます~
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です