2万円で子供とパソコンを自作!+マインクラフトで電子工作を学ぼう!「PIPER-J」

こんばんは。
ものすごーーーーくおひさしぶりです。庭師すずめです。

喘息持ちペンタ君が2週間おきに発熱するので
発熱→会社休み→仕事がめっちゃ修羅場に→修羅場を全力で片づける→ペンタ君発熱…

と、エンドレスに仕事と発熱と有給残数と戦い続けていましたら、灼熱の夏があっという間に終わろうとしているのですが、皆様はお元気ですか?

自宅作業ができる職場で本当に助かった…。

さて、そんな私情はさておき。
買っちゃいました!
ついに買っちゃいました。
ずーっと欲しかった「PIPER」を!!

PIPER 「マインクラフト」で電子工作を学ぶツールボックス Piper-J
PIPER 「マインクラフト」で電子工作を学ぶツールボックス Piper-J

とはいっても、まだ5歳のぴよこさんにはいくら何でも早すぎるので、小6の甥っ子にプレゼントしました。

プレゼントなので、写真とかは取らなかったんだけども。
プログラミングブームに乗って、ロボット教室に通う甥っ子は喜んでくれたご様子。

何ができるのかというと、これね。すごいのよ。
たった2万なのに、自分でパソコンが作れちゃう!

といっても、パソコンを作るのが目的ではなくて、マインクラフトをしつつ、いろーーんな電子工作までできちゃう素晴らしいオモチャなのですよ。

おもちゃとは言え、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を搭載しているので、ちょっとしたパソコンとしても使えます。

まずね、パーツがこんな風にバラバラに入ってるんですよ。
51WrBXDMmPL

これを組み立てれば自分だけのパソコンが出来ちゃうっていうだけでもワクワクものなのに、組みあがった後にすぐにゲーム(マインクラフト)が遊べて。

そのゲームの中のタスクをこなすために、実際に稼働する操作ボタンを作ったり、ブザーを作ったり…!なんかもう私だったら鼻血出るくらい楽しい!

詳しくはこちらの動画をどうぞ!

 

ご覧の通り、日本語版「PIPER-J」と英語版「PIPER」が出ています。
日本語版は英語版に字幕がついていたり(音声は英語)、説明書が日本語だったりする程度なので、英語がある程度わかるお子さんであればあえて英語版をチャレンジするのもありかと思います。

日本語版は商品名の最後に「-J」がついているものですので、お間違えなく。

子供一人で組み立てるのは難しい、とあちこちにレビューがありましたが、小6の甥っ子は一人で、1時間ちょっとかけて夢中になって組み立てていました。

夏休みも残り僅か!
ちょっと背伸びして、パソコンに詳しくなりたい!というお子様にぜひどうぞ!
定価5万前後だったのが、ブームが去った(?)今なら2万円以下で買えます。

あー。自分用にもう一台買っちゃおうかな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です